人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アイヌ語と日本語の中に残る「縄文語」ーその1065

縄文語のかけらーその685 (通巻第1370号)

 「サッポロ」はアイヌ語で 「サッポロペッ=乾いた・大きな・川」と言うところを、下略した言葉だと言うのだ。だが、本当にそんな変な略称をアイヌの人たちが使ったのだろうか。
 ✳ サッポロは、川の名前なのか、それとも川が干上がった後の原っぱの名なのか、一つ実際の歴史を繙(ひもと)いてみよう。
...インターネット検索で良いのを見付けた。それを無断引用しちゃおう ❗

▽ 世界大百科事典第2版 「豊平川」の解説
...とよひらがわ【豊平川】
 北海道、支笏(しこつ)湖の北西、小漁山(こいざりやま)=(1235㍍)西麓に源を発し、札幌市内を貫流して石狩川に注ぐ川。
 ✳ 幹川流路延長76 km 、全流域面積873平方 km 。上流部の定山渓(じょうざんけい)温泉付近では、薄別(うすべつ)川、白井川、小樽内川と合流し、中流部では札幌市街地がのる扇状地を形成している。

▼ 豊平川...古くは札幌川と言われた ‼
...古くは札幌川と呼ばれたが、19世紀の初頭に下流部で流路の変動があって現在の流路になり、以後、豊平川と称されるようになった。
 ✳ 札幌の地名の由来で、いきなり「豊平川」のネットの解説から入ったが、クドクドと前段の噺に時間をかけるのを皆さんもキット好まれないと思ったので、単刀直入に豊平川の由来から噺を始めた訳である。

◎ 札幌の街は、暴れ川・サッポロペッの扇状地に開けた土地
...「豊平川」と言うのは、どうやら古くからのアイヌ語の由来を持つ川の名でなく、サッポロペッと言う暴れ川が、流路の変化を経て石狩川に合流して、流路を定めない暴れ川を卒業して、スッカリ大人しい川、豊かな稔りをもたらす川に変身したとして、また、そのように穏やかな稔りをもたらす川であれかし ! ...と願って、和人が付けた名であろう。
 ✳ 即ち、豊(稔り豊かで)+平(穏やかな)+川( ペッ )であれかし...と ❗

    (次回につづく)

トラックバックURL : https://urespa21.exblog.jp/tb/32313594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by atteruy21 | 2021-06-10 12:30 | Trackback | Comments(0)